ストリートプリントとは

ストリートプリント画像

ストリートプリントとは

ストリートプリントとは、既存のアスファルト舗装を、石畳やレンガ敷きのように美しく加工する工法です。アスファルトは、数々の優れた長所を誇る舗装材ですが、「劣化しやすい」「見た目が貧弱」という難点が付きものです。

しかし、ストリートプリントを用いれば見た目が美しく耐久性に優れたアスファルト舗装が実現します。ストリートプリントとは、アスファルトの欠点を解消し、付加価値を想像する最先端工法です。

材料のストリートボンドSP150Eとは?

有機溶剤を一切含まない特殊な「水系エポキシ樹脂」と、「アクリルポリマー」を組み合わせた「二液硬化型コーティング材」です。アスファルト舗装面の着色・保護・防滑に最適です。

ストリートプリントの4つの特徴

1:美しい景観を創造できます。
さまざまなパターンとカラーの組み合わせで、あらゆるランドスケープデザインのご要望にお応えします。
2:経済的で維持費が抑えられます。
汚れにくく雑草も生えず、剥がれやガタつきとも無縁のため、メンテナンスに手間がかかりません。
3:部分補修も継ぎ目がありません。
路面加熱装置を使うことで部分補修が簡単に行えます。配管の埋め戻し工事があっても、新設時の美しい仕上げが再現できます。
4:アスファルトの寿命を延長します。
ストリートボンドコーティングが散布された舗装面は、無垢のアスファルトよりも大幅に寿命が延びます。美しいだけではないのです。